Oyabu Dairy Farms

Oyabu Dairy Farms

Oyabu

Dairy Farms

オオヤブデイリーファーム

news

news

ourhope

our hope

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

環境・人・牛を思う心で強く根を張り、チームみんなの情熱を幹に大きく伸び、
おいしく・楽しい体験の提供を枝葉に広げ、たくさんの笑顔が実る企業を目指します。

熊本県合志市にある当牧場では、自家産堆肥で畑を作り無化学肥料でトウモロコシを栽培し、やく100頭の乳牛を飼養し、乳製品を製造しています。
また、1995年から酪農教育ファーム認証牧場として、搾乳体験やバター作り体験、トウモロコシ畑迷路等を通して「命の温かさと命(食)の循環」を体感してもらう活動を開始。毎年、修学旅行やクラスレクレーション等で子供達を受け入れております。酪農家の強みは、「飼養管理と遺伝改良」により牧場オリジナルのミルクやお肉を提案することが出来ること。何かを添加して付加価値をつけるのではなく、世界を旅して乳製品を食べ歩きながら、ミルクを磨き上げて他の乳製品との違いを表現していく事を目指しております。

our process

our process

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

数年前、酪農業界ではミルクが不要になるといった生乳の生産調整が起こりました。酪農家の収入は激減し、追い打ちをかけるような酪農環境の悪化もあり、私は酪農の未来に絶望しました。一滴のミルクを搾るには、命が芽生えて3年の月日がかかります。捨てるほどの価値になってしまったミルクでも、毎日搾乳しないと母牛は病気になってしまいます。そうした中で「我が家に生まれてきてくれた牛たちに、その命が輝く場所を作りたい。」そう考えるようになりました。その後、専門機関の方に支援していただきながら、難しい製造許可もどうにか取得することができ、当時の月の手取り5万円で返済できるように600万円だけ融資していただいて、3 × 6メートルの日本一小さい工場を建てました。
酪農しながらの製造業の道は簡単なものではありませんでした。たくさんの先輩酪農家さんや経営者さん達に応援したくしていただく中で、ある先生にいただいた言葉があります。「売れる・売れないは関係ない。あなたの商品に選ばれる理由はありますか。」私はこの言葉のおかげで、我が家のミルクの可能性を探り、違いを表現し、提案していく大切さに気づきました。

飼養管理 〜エサの秘密〜
九州バイオクラスターによるフランスオメガ3プロジェクトへ参加し、フランスのBLEU BLANC COEUR(ブルーブランクール)との連携開始。BBCの技術を活用した飼養管理によって、オメガ3脂肪酸を含むミルクが産乳されます。
遺伝改良〜βカゼインA2こうしミルク〜
より美味しいミルク、安心なミルク、健康な母牛を追求するためには、良い父牛の遺伝子が大切。当牧場では「βカゼインA2タンパク質」を持つ遺伝子の母牛の改良を2015年ごろから順次進めています。

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

「牛乳」は、飲み比べても違いがわかりにくいものです。知覚的に「濃い」と感じる要因は、乳脂肪率の高低だけではありません。 「濃さ」は乳中のナトリウム分でも感じてしまうからです。「アイスクリーム」はどうでしょう。フレーバーや副原料の特徴が強く出るため、これも生乳の品質の差が分かりにくい。「チーズ」は製造工程でホエー(乳清)として生乳の90%を捨ててしまわなくてはならないことに抵抗感がありました。

こだわりのクリーム層ヨーグルトだからこそ、乳成分の高さがひと目で分かる”クリーム層”に表現することができます。そして、発酵を工夫し、”毎日熟成しながら乳酸菌が増えていく”「熟成2層式ヨーグルト」が完成。

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

酪農家だからこそ作れる魅力を追求していく中で、「世界の酪農家さんがどんな思いで・どんな形で、ミルクを商品に表現しているのか」に興味を持つようになりました。それから世界中の乳製品を食べ歩き始めて、現在20カ国。言葉も文字もわからないままおいしそうなヨーグルトを見つけては食べ、ときには酪農家さんを訪ね、思いのこもった個性のある商品に刺激をいただいています。そして、歩きまわった海外の雰囲気を商品パッケージやパンフレットに醸し出しながら、我が家の乳製品を選んで下さる方々に、少しでも我が家らしい商品の雰囲気を感じていただけたら良いなと考えております。これからもミルクの違いを美味しく表現していくことによって、皆様に「選ばれる牧場」を目指していきたいと考えておりますので、スタッフ一同どうぞよろしくお願いいたします。

オオヤブデイリーファーム

世の中には沢山の大手メーカーや酪農家さんが乳製品を販売している中で、私は当牧場の生乳の特徴を目で見てもわかるように、『ミルクの違いを表現する』為にヨーグルトの製造を開始致しました。 わが家のかわいい顔!となる2つのヨーグルトの違いや特徴を紹介します。各商品写真をクリックして詳細をチェック!

  • オオヤブデイリーファーム
  • オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

experience

experience

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

全国地域交流牧場の設立に携わり、現在酪農教育ファーム認定牧場として修学旅行やクラスレクレーション、
親子体験など、子供達やご両親、先生方など、沢山の方々に命のあたたかさに触れていただき、
命の循環=食を楽しく体験して頂いております。

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

about

about

オオヤブデイリーファーム

オオヤブデイリーファーム

企業名 株式会社 オオヤブデイリーファーム
代表取締役 大薮 裕介
郵便番号 〒861-1102
住所 熊本県合志市須屋2541
お問い合わせ こちらよりお問い合わせください
営業日 土・日・祝 (平日は定休日となっております。誠に勝手ながら都合により予告なしに変更になる場合がございます)
店舗営業時間 10時 - 16時

contact

contact

オオヤブデイリーファーム

小さな牧場で、従業員が少なく、お電話での対応がとても難しい状況となっております。
お問合せフォームにいただいた順にご回答致します。

オオヤブデイリーファーム